Posted by at

2009年08月31日

8/30(日)「ブログブランディング相談会」開催しました。

【お知らせ】
とある事情から、9月以降のビズクリカフェ早朝勉強会はお休みします。
再開するときには、改めてご案内いたします。

さて、ここからが本題です。

昨日、アルファブロガーの大橋悦夫さんをお呼びして、「ブログブランディング相談会」を
開催しました。



今回は会場にSRR速読教室の寺田さんのオフィスをお借りしました。
(天神ど真ん中のマンションの16階の角部屋で眺めがすばらしいです。)
  

開始が13:00なので、その前に寺田さんと昼飯を食べようということで、オフィスの近くの
イタリアンのお店に行きました。

そこで一つ事件が起こりました。
←イメージです。
小田は注文した「渡り蟹のトマトクリームパスタ」を食べるときに、寺田さんから「蟹の殻を
剥いて食べるときには汁をとばさないように」と忠告を受けたのですが、忠告むなしく、
殻ごと自分の服にとばして、汚してしまいました。
そのときの寺田さんの「あ~あ、、、」という顔がわすれられません。icon198

そのあと、店員さんがおしぼりを持ってきてくれたのですが、なかなか取れず
結局、寺田さんのオフィスで服を脱いで洗剤で落としました。(ズボンは無理でしたが。。)

そのような汚れた格好で、大橋さんと再開してしまいました。
でも久しぶりに顔を合わせることができ、とてもうれしかったです。

その後、簡単に打合せを済ませ、準備に取り掛かっているとぞくぞくと参加者の方が
お見えになりました。
今回、定員が8名だったのですが、追加1名というとことで計9名の参加となりました。
(満員御礼ありがとうございます!)
ちなみに参加者全員が経営者(経営層)の方でした。
  

相談会では実際に、参加者ご自身のブログを見ながらワークをしていくということで、
一人一台PCをネットにつなげて進めていきました。icon80

最初は自己紹介ということで、やっている仕事やブログの有無、今日の参加動機や
どんなことを持ち帰りたいかということを確認していきました。

・・・・・と、
すいません、これ以降は自分急用ができて一旦家に帰らなくてはならなくなり、
抜けてレポートできません。

用事と着替えを済ませて、あわてて会場にもどったのが16時過ぎ。。。
そこには真剣に考えごとをされているみなさんが!face08
ブログのキャッチフレーズを作るということで、みなさん頭をひねって考えられてました。
  
↑アドバイス中の大橋さん            ↑参考図書を紹介中の寺田さん

どうやら、今日の相談会のメインは
1.専門性の3要素を明らかにする
2.キャッチフレーズを作る
ということらしいです。

大橋さんによるとブログを書き続けるには「重力」に逆らうための推進力がいるようです。
その推進力を得るためにも、専門性の3要素①リソース、②パッション、③マーケットを
明らかにする必要があり、さらにその後の方向性を定めるため、ブログのキャッチフレーズを
決めることが重要だとおっしゃってました。

確かに、いいモノには大抵いいキャッチフレーズ(やコンセプト)がありますよね。
逆にいいキャッチフレーズがあってから、それがブランディングを強めて、いいモノになっていく
ということも世の中多いように感じます。
だからこそ、キャッチフレーズを作るということは重要なんだと思いました。


↑速読の寺田さんの本棚です。face02 左上の2冊が参考図書。
  


最後に、参加者一人ひとりから作ったキャッチフレーズを発表してもらい、大橋さんによるまとめ
があり、定刻の17:00には終了しました。

その後、18:00から大橋さんを囲んでの懇親会ということで、寺田さんのオフィスから近い、
DINER'S ONO」に行きました。料理もお酒もおいしく楽しくいただき、最後はみなさん
お土産に地玉子プリンを買って帰りました。健康的に20:30には解散しました。

↑大橋さんもハマッたONO麺

参加してくださったみなさん、ありがとうございました。
「今回参加してよかったなぁ」と少しでも思ってくだされば、それが私の喜び、そして今後の
励みになります。

それと、これから参加者みなさんのブログがどのように変化していくのか楽しみです。
定期的にウォッチングさせてもらいます。face02

自分もこれを機に、より自分発信力のブログというのを考え、実践していきたいと思いました。


講師してくださった大橋さん、長旅ごくろうさまでした。これで今年の目標の一つであった、
「大橋さんを再度福岡へお呼びする」という夢が叶いました。ありがとうございます。

さらに、会場提供やその他もろもろ、サポートしてくださった寺田さんにはただただ感謝しか
ありません。寺田さんがいなければ一人でここまでは正直難しかったと思います。
そしていつも温かいお心遣い、ありがとうございます!

以上です!  


Posted by 福岡ビジネスクリエイティブカフェ(ビズクリカフェ) at 13:12Comments(0)セミナー