Posted by at

2009年09月19日

『結果を出す人はノートに何を書いているのか』簡単レビュー1

ビズクリカフェの小田です。

今回は”花王”のスーパーサラリーマン、美崎栄一郎さんの
『「結果を出す人」はノートに何を書いているのか』をブックレビューしたいと思います。
(ちょっと、書きたいことが多いので、2回に分けます。)



誰もが毎日、同じように仕事をしているはずなのに、その経験が成果につながり、報酬に
変わる人と、そうでない人がいます。

私はその差はノートの使い方で生まれると考えています。

正確には、積極的に「記録」している人と、していない人の差です。

経験をきちんと記録しているひとはそれを「経験知」にして、自らの成長にダイレクトに
つなげることができます。

この経験知が積み上げられないと
何度も同じミスを繰り返し、仕事はたくさんこなしているのに前に進まない。

とても単純なことなのに、仕事をきちんと「記録」して、経験を貯金している人はまれ。

新しいビジネススキルを次々と学んでいくことも大切だが、もっと大切なのは、
それらを「記録」し、ちゃんと自分のものにすること

美崎さんがやっている3冊のノート術
1.メモノート
2.母艦ノート
3.スケジュールノート

&これらに付箋を組み合わせる


1.メモノート
 ⇒「タスク管理」と「アイデア出し」

2.母艦ノート
 ⇒メモをふくらます第二段階。情報のベースをここに集める。
  仕事で使うメインのノート。
  最近はノートの使い方は最終的にPCでまとめて文書にアウトプットするための下書用途が多い。
  アウトプットすることを前提に記録しておくと効率がいい。

3.スケジュールノート
 ⇒スケジュールを管理する手帳のようなノート。コクヨのキャンパスダイアリー


ノートは単なる記録長ではなく、いつでも過去の仕事内容を参照できるハードディスクなので、
積み重なった経験はあとからでも自由に読み返せる。

この後は次回に書きます。

【今日の一枚。】
ジョギングしているとき撮った夕日。(カラーです)
  


Posted by 福岡ビジネスクリエイティブカフェ(ビズクリカフェ) at 23:18Comments(0)ブックレビュー