Posted by at

2009年09月28日

昨日、お祭りに行ってきました。

>ビズクリカフェの小田です。

昨日、家の近所のお祭りに娘と二人で行ってきました。

嫁さんからお小遣いとして500円渡されたので、何を買おうかと娘とワクワクして
いったんですが、、、

最近の露店は単価が高いですね。

娘が食べたがっていた、カキ氷はどこも300円。icon179
はっきりいって、ぼり過ぎです。

ですが、約束してたのでカキ氷は買いました。

ほぼ全ての露店をみてまわったんですが、自分が子どもの頃にはなかった店も
多いですね。カブトムシ釣りや冷やしパイナップル、冷やしマンゴー、さらには
こういったのまでありました。↓


きゅうりの一本漬けということで、ただ単にきゅうりに割り箸のような棒が突き刺さって、
ゴマダレやドレッシングのようなものをつけて食べるというものでした。
たしか、一本200円。

自分はど田舎出身なので、だれが食べるか!と思ってましたが、意外と売れてました。

ネットで調べると、どこかのお祭りが発祥らしいです。

あと、焼き鳥屋については何処も大串で一本300円以上しますね。
小さい串をチマチマと焼くよりも、効率や利幅がいいんでしょうね。

最初に書いた、カキ氷屋も差別化を図っている店があって、容器を普通の
発泡スチロールのカップではなく、ディズニーのスティッチのプラスチックカップにしたり、
フルーツを乗っけたりして単価を500円とかにしてました。

娘に買ってあげたカキ氷は300円の普通のカップでしたが、店のPOPに「ふわふわ氷!」と
大きく書いてたので、いくつもある店からそこを選んだのですが、作り方をみると、
「普通の機械で普通に作ってるだけじゃねーか!」と突っ込みたくなりました。
見事にPOPにだまされたバカ客でした。face03
(よく考えると、「ふわふわ」なのは当たり前ですね。)

さて、残りの200円はというと、ハンバーグを買いました。
自分の中で、あのギャンブル性のある(ってわかりますかね?ピンボールみたいなので、
最高5本まで当たる)のがたまらなくて、、、
結局二本でしたけど。

それを一本ずつ娘と食べておわりにしようと思ったのですが、焼き鳥が食べたくなって
さて、何処で買おうかと回っていたら、ある場所でお姉さんが笑顔で「いかがですか~?」と
声を掛けてきました。その後もうろうろと回ってましたが、結局そこに決めました。

いままで、マーケティングに関する勉強をしてきたのに、見事にいろんな術中にはまってますね。
昨日の自分の行動を分析すると、
1.祭りということで、活気でテンションがあがる
2.さらに幼い頃の体験や味を思い出し、消費したくなる
3.同じような店があった場合、POPや店の人にやられる

特別なイベント毎において、それを経験していると、人は消費行動に駆られる。
同じ商品で同じ価格である場合、少しでも差別化されるとそれがアンカーになり、
購入してしまう。

今回の経験をなんとか、活かしてやろうということで綴りました。


その後というと、祭りのメインステージではシンケンジャーショーをやってたので、
娘が怖がってすぐ帰りました。
帰り際、ステージ裏でシンケンブルーと悪者がならんで座ってスタンバッて
いたのがなんかウケました。face02

以上です。

【今日の一枚。】
近くの川から。


Posted by 福岡ビジネスクリエイティブカフェ(ビズクリカフェ) at 13:03Comments(2)気になったモノ・コト